日本女性財団

日本女性財団は、次世代の女性の心身の健康 および 社会的な活躍を後押し、社会全体に貢献します。

メニュー

私たちについて

ABOUT US

私たちについて

理事長の挨拶

私たちは、厳しい環境下で産まれ育ち、虐待や暴力を受けている少女たちや、差別され不当な扱いを受けている女性たちが、先進国と言われる日本にも多く存在していることを知っています。一見、普通に暮らしている女性たちも、実は悔しい思いを我慢したり、やりたかったことを諦めてきた歴史があることも知っています。

そこで、女性を応援し未来の社会を作る仕組みを、自分たちなりに提案してみようと思い立ちました。この度、様々な女性支援の輪を横につなげ、政策や資金面、精神的後ろ盾として継続援助してゆく仕組み、日本女性財団を設立することにいたしました。

本財団は、「女性の生涯の心身と社会的なウェルビーイングを支援する」というテーマを掲げ、女性の心身の健康 および社会的な活躍を後押しし、これからの新しい日本の社会づくりに貢献してまいります。

先の見えない未曾有のコロナの渦の中においても、志を同じくする方々と一緒に嵐の海にこぎ出したいと思います!

本財団の趣旨にご賛同いただける方は、ぜひとも設立の共働をお願いします。

女性と未来をのせ、ノアの方舟のように船出しましょう!

代表理事 対馬ルリ子(産婦人科医)

対馬 ルリ子
対馬 ルリ子
対馬 ルリ子(代表理事)

1984年、東京大学医学部産婦人科学教室入局。女性のための生涯医療センターViVi初代所長を経て、2002年、現・対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座を開院。2003年、「女性医療ネットワーク」を設立、全国450名の女性医師・女性医療者と連携して活動。著書に、「キレイな〔からだ・心・肌〕女性ホルモン塾』、『女性外来が変える日本の医療』、テレビは、NHK「きょうの健康」、テレビ朝日「徹子の部屋」、日本テレビ「世界一受けたい授業」「NEWS ZERO」、などに出演。

私たちについて

日本女性財団は、女性医師を中心に、多支援団体・企業が連携。女性の生涯のwell beingと、活躍を実現する包括した母船です。

ビジョン

女性の生涯のwell beingと活躍が実現する社会へ。「公益財団」認定と「女性省」創設に動き、女性の生きやすい国づくりを目指します。
女性の心身の健康および社会的活躍を後押しし、生涯のウェルビーイングを支援する。

日本女性財団は、多くの皆さまのご理解・ご協力をいただき、課題を抱える日本女性の支援をして参ります。
ご寄付、施設や商品のご提供、情報の収集と拡散、仲間との連携など、皆さまからのお力添えをお願いいたします。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

2015年9月、ニューヨークの国連本部で開催された「国連持続可能な開発サミット」において、持続可能な開発のための2030アジェンダおよび持続可能な開発目標(SDGs; Sustainable Development Goals)が、193の国連加盟国の合意のもと採択されました。その宣言と前文には、「誰一人取り残さない」、「ウェルビーイング(well-being)」、「in larger freedom」という重要なキーワードが謳われています。

私たち日本女性財団は、SDGsの17の目標のうち、以下の5つに注力し、活動をしています。

「健康と福祉」「教育」「ジェンダー平等」「働きがいと経済成長」「パートナーシップ」

今、新型コロナウイルスの感染拡大によって、世界が未曾有の危機の中にあります。私たちは、様々な団体・企業・個人の方々と手を繋ぎ、この危機を乗り越えるべく、すべての女性の〜生きやすい・産みやすい・暮らしやすい〜のために、活動して参ります。

役員紹介

理事(発起人)
浅野 邦子
浅野 邦子(理事)

1975年、箔一を創業し、金沢箔工芸品・あぶらとり化粧紙の製造に着手、金沢の地場産業にまでに育てる。
2016年、経団連にて中小企業で女性初の審議委員会副議長に就任。
2017年、経済産業省より旭日単光章を受賞。
北陸経済連合会・金沢経済同友会理事 等々
著書に、PHP「強くしなやかな経営」、「しなやかな未来」へ経団連・審議委員会副議長の提言 他

メッセージはこちら
吉川 千明
吉川 千明(理事)

美容家・オーガニックスペシャリスト
企業内研修、インテリアの仕事を経て1991年起業。
1997年日本初のジュリークの旗艦店を立ち上げ、2008年オーガニックコスメの、ビオ代官山を設立。
日本で最大のナチュラルコスメの催事に成長させた。
ナチュラル&オーガニック製品のためのPR・教育・デザインを専門とする。

メッセージはこちら
内田 容子
内田 容子(理事 兼 事務局長)

小学校教諭一種免許状を取得後、1994年、総合電機メーカー傘下の企業に入社。電力プラントの海外営業を経て、2003年よりデジタルソリューション事業の広報・PR担当。同社サステナビリティ推進WGも兼任、現在に至る。
3児の子育てと仕事(フルタイム)の両立の経験をもとに、本業の傍ら、女性を支援するNPO法人を立ち上げる。
日本女性ウェルビーイング学会 運営委員。

メッセージはこちら
評議員
奥田 浩美様
奥田 浩美様(評議員)

株式会社ウィズグループ 代表取締役
インド国立ボンベイ大学 大学院社会福祉課程修了。
1991年にIT特化のカンファレンス事業を起業。
2001年に株式会社ウィズグループを設立。
委員 情報処理推進機構(IPA)「IT人材白書」検討委員、「医療系ベンチャー振興推進会議」委員 等

小巻 亜矢様
小巻 亜矢様(評議員)

株式会社サンリオエンターテイメント 代表取締役社長
サンリオピューロランド館長。
東京大学大学院教育学研究科修士課程修了。
1983年(株)サンリオ入社
2015年サンリオエンターテイメント取締役就任。
2016年サンリオピューロランド館長就任、2019年6月より現職。
子宮頸がん予防啓発活動「ハロースマイル(Hellosmile)」委員長、NPO法人ハロードリーム実行委員会代表理事、一般社団法人SDGsプラットフォーム代表理事

高階 恵美子様
高階 恵美子様(評議員)

自民党 参議院議員
政務調査会 文部科学部会 部会長
第22回参議院議員比例代表選挙当選
第24回参議院議員比例代表選挙再選
前厚生労働副大臣
元自由民主党女性局長
元厚生労働大臣政務官
(第二次改造、第三次安倍内閣)
元参議院文教科学委員会 委員長

田瀬 和夫様
田瀬 和夫様(評議員)

SDGパートナーズ有限会社 代表取締役CEO
元デロイト トーマツ コンサルティング執行役員・世界戦略室ディレクター。
東京外国語大学博士後期課程在籍、大阪大学大学院国際公共政策研究科・招聘教授、筑波大学大学院・非常勤講師。
前国際連合人道問題調整部・人間の安全保障上級顧問。
国連フォーラム代表幹事および共同代表。
筑波大学大学院・非常勤講師。。

吉村 泰典様
吉村 泰典様(評議員)

慶應義塾大学 名誉教授
新百合ヶ丘総合病院 名誉院長
福島県立医科大学 副学長
内閣官房参与(少子化対策・子育て支援担当)
一般社団法人 吉村やすのり生命(いのち)の環境研究所 代表理事

監事
池上 清子様
池上 清子様(監事)

プラン・インターナショナル・ジャパン理事長
国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、国連本部人事局行政官、
家族計画国際協力財団(JOICEF)、国際家族計画連盟(IPPF)などを経て、
2002 年から 2011 年まで国連人口基金東京事務所長を務める。
外務省 ODA 評価有識者会議委員、内閣官房長官諮問機関
アフガニスタンの女性支援に関する懇談会メンバーなどを歴任。
法務省難民審査参与員。