私たちについて

日本女性財団とは

女性の生涯のWell-beingと、活躍を実現します。
医師を中心に、専門機関と連携し、女性たちを支援します。
※Well-beingとは「幸福」。心身と社会的な健康を意味する概念

ご挨拶

本財団は、未曽有のコロナ禍の中で誕生しました。

女性には特有の健康リスクがあります。日本の女性に関するヘルスリテラシーは他の先進国に比べ低いのが現状です。

私たちは医師を中心に、「女性の生涯の心身と社会的なウェルビーイングを支援する」というテーマを掲げ、女性の心身の健康および社会的な活躍を後押しし、新しい日本の社会づくりに貢献してまいります。

またコロナ禍の医療現場では女性たちの困窮した姿が、目に見えて増えてきています。望まない妊娠、中絶、DV、虐待、失業、貧困による栄養失調、月経困難症など、女性たちに大きな負担とリスクが増加しています。

日本女性財団は包括的に女性の人生を支え、救済して乗せる母船(femship:フェムシップ)をイメージしています。支援を必要としている女性たちを、フェムシップ・ドクターが窓口となって、適切な専門機関、女性支援団体につなぎます。

あなたもfemshipに乗船し、社会を動かしませんか。

代表理事 対馬ルリ子(産婦人科医)

対馬 ルリ子
対馬 ルリ子
対馬 ルリ子(代表理事)

1984年、東京大学医学部産婦人科学教室入局。女性のための生涯医療センターViVi初代所長を経て、2002年、現・対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座を開院。2003年、「女性医療ネットワーク」を設立、全国450名の女性医師・女性医療者と連携して活動。著書に、「キレイな〔からだ・心・肌〕女性ホルモン塾』、『女性外来が変える日本の医療』、テレビは、NHK「きょうの健康」、テレビ朝日「徹子の部屋」、日本テレビ「世界一受けたい授業」「NEWS ZERO」、などに出演。

私たちについて

女性の心身の健康および社会的活躍を後押しし、生涯のウェルビーイングを支援する。
3つのテーマの相関図